2018年1月5日金曜日

進化すること 愚痴を無くすこと

あけましておめでとうございます。
大創株式会社を本年もどうぞよろしくお願いいたします。


弊社会計年度40期も下半期に突入しました。
2015年7月から本格スタートした、弊社の働き方改革「長時間労働削減宣言」も2年半が経ちました。
昨年12月、月45時間以上残業する社員が初めて0になりました。
弊社の歴史に残る快挙です!
社員みんなが会社の方針を理解し、行動してくれて得られた結果です。
また、お客様やビジネスパートナーの絶大なご協力もあり、実現することが出来ました。
心より感謝申し上げます。
当たり前のことではありますが、業績は下がること無く終えることが出来ました。

「残業は22時まで」からスタートし、「残業21時まで」から「月45時間以内」と制限してきました。
制限というのは、その言葉だけを聞くとやりにくさや窮屈さを感じてしまいがちですが、その中で創意工夫し努力した結果は、大きなものとなって返ってくるものだと思いました。
これからも創意工夫や設備投資なども行い、より良い会社となっていけるよう頑張っていきます。

本日(1/5)が初出勤となった弊社。
全国をネットで繋いで行った全体朝礼では、2018年は以下の2点をキーワードにする旨を話しました。
一つ目は進化、二つ目は愚痴を無くすこと。

環境は時代と共に常に変化しており、その変化し続ける環境に適応していくことこそが進化だと思います。
進化するためには今を変えるための挑戦をしなければいけません。
変化する環境を嘆いてばかりでは生き抜いていけません。
私も大創の一員として、2018年は挑戦していく一年としていきます。

弊社には先代が2000年7月に制定した「幹部心得 十ヶ条」というものがあり、その第十条に「幹部登用の基準」というのがあります。
その一文には「本質的愚痴の性格の者は登用はしない、または幹部登用から外す」とあります。
GE(ゼネラル・エレクトリック)の最高経営責任者を努め、伝説の経営者と呼ばれたジャック・ウェルチ氏は「腐ったリンゴは箱から出さないと、他のリンゴまで腐ってしまう」と言われたそうです。
会社に不平不満を言うのではなく、会社をこう改善したい・してほしいと言う方がポジティブであり、自身にも周りにもグッドサイクルが生まれ、高まっていくのではないでしょうか。

ポジティブな思考で進化していく。
そして、お客様、取引先様、社員に還元していく。
尽力してまいります。

2017年4月17日月曜日

働き方改革?働かせ方改革?

思い起こせば、私が長時間労働削減宣言をしたのが2015年7月4日、弊社の第38期全国幹部会の時でした。

勤務時間を「野球型」から「サッカー型」へ。
労働時間の定義を変えよう!と号令をかけました。

あれからおよそ2年が過ぎようとしています。
みんなの努力の賜物で、一昔前は日付変更線を超える日も多くあった我が社も、なんとか21時までに終わらせることが出来るようになりました。
もちろん、お得意先様のご理解とご協力も必要不可欠です。
ありがたいことです。

ですが、定時で終わっているわけではありません。
社員のみんなが色々と考動しているのですが、まだまだ道半ばです。

そんなある日、働き方改革ではなく、働かせ方改革という言葉が目に留まりました。
働いている人に改革させるのではなく、働いてもらっている側がいかに働く環境を用意し働いてもらう改革をするのか?という内容でした。

この日から「働かせ改革」は常に自問自答するキーワードとなりました。
言葉だけ見ると、結構横暴なイメージもあるかもしれませんが、私の立場で捉えるととてもポジティブな言葉だと思っています。

世の中は色んな策を実施して、結果につなげておられますね。
今日拝見したこの記事も、とても刺激を受けました。
住友生命、夜8時にPC強制終了
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/041000135/041300005/?rt=nocnt
日経BP社 ITProより
これも一つの働かせ方改革ですね。

大創メンバーの持っている無限の力は疑いようがありません。
それが発揮されると思うと、とてもワクワクしています。
あとは私次第。
私自身が自分の能力に限界を作らないよう、努力していきます。




2017年1月13日金曜日

青雲の志

昨夜は、長年お世話になっている小泊会計事務所さんの新春慶賀会に参加させていただきました。
いつも大変お世話になっております。
ありがとうございます。

毎年恒例の行事で、宴の前に行われるセミナーや、所員皆さんの出し物も見所の一つです。
練習不足と言われてますが、来賓を楽しませるために一所懸命練習されたんだなぁという心が伝わります。

私を事業継承者として立ち直らせていただいた小泊所長は残念ながら欠席されてましたが、素敵な言葉を贈ってくださいました(参加者全員に)。

【青雲の志】

理想はあくまで天の如く高く、我が身はともかく、世のため人のため、それを現実に成し遂げるのだとの強い意志を感じるのです。これこそが志なのです。(小泊所長コメント抜粋)

改めて、多くのことを気付かせていただきました。
青雲を突き抜けるほどの志を高く持ち、2017年邁進していきます。